はじめての格安SIM教室

格安SIMについてどこよりもやさしく、わかりやすく伝える事をモットーにしています。

格安SIM紹介「OCN モバイル ONE」編!日次プランの使い道はいかに?

f:id:kakuyasu_sim:20170125224526j:plain

 

今回から少しずつ主要な格安SIMについて、その特徴やメリット・デメリットなどを紹介していきたいと思います。最初に紹介するのは私も実際に使っている「OCN モバイル ONE」です。

 

大手プロバイダでもあるOCNが提供しており、格安SIMの中では老舗になります。そんなOCN モバイル ONEの特徴を分かりやすく説明します。

 

 

OCN モバイル ONEの概要

OCN モバイル ONEは大手プロバイダであるOCNが提供している格安SIMです。最近の格安SIMブームが訪れる前から格安SIMのサービスを行っている老舗で、格安SIMのシェアNo.1を誇っています。

OCN モバイル ONEの料金プラン一覧

f:id:kakuyasu_sim:20170127231839j:plain

まずはOCN モバイル ONEの料金プランを一覧にしてみました。なお、この一覧の価格はキャンペーン価格などは反映していない、通常時の料金です。また、価格はすべて税込みにしています。

 

データ通信専用SIM

・日単位

 コース名月額基本料
110MB/日 972円
170MB/日 1,490円

 

・月単位

 コース名月額基本料
3GB/月 1,188円
6GB/月 1,566円
10GB/月 2,484円
20GB/月 4,482円
30GB/月 6,534円
15GB/月 1,944円

 ※15GB/月は速度が500kbsです。

 

音声通話対応SIM

・日単位

 コース名月額基本料
110MB/日 1728円
170MB/日 2246.4円

 

・月単位

 コース名月額基本料
3GB/月 1,944円
6GB/月 2,322円
10GB/月 3,240円
20GB/月 5,238円
30GB/月 7,290円
15GB/月 2,700円

 ※15GB/月は速度が500kbsです。

OCN モバイル ONEの特徴

一日ごとにパケットが割り振られる日次プラン

f:id:kakuyasu_sim:20170205231754j:plain

さきほどの料金プランを見てお気づきの方もいるかと思いますが、OCN モバイル ONEのプランは大きく分けて2つあります。1つはよくある月単位でパケットが割り振られるプランで、もう1つは日単位でパケットが割り振られるプランになります。

 

日単位のプランには110MB/日と170MB/日のコースがあります。割り振られる容量は少ないですが、日単位なのでパケットを使い切って速度制限がかかっても次の日に復活します。

 

通信量が少ないと言っても、メールやLINE、ブラウジングに軽いソシャゲなら日単位コースでも意外と制限がかかりません。私もこの110MB/日のコースですが一度も制限にかかったことはありません。

 

ただしアプリのダウンロードや動画の視聴をするとすぐに制限がかかってしまうのでご注意ください。日単位プランは基本的にはあまり使わない人向けのプランです。

専用アプリでプランの確認や変更が簡単

OCN モバイル ONEでは毎月1回まで契約プランの変更ができます。例えば最初は一番安いコースにして、もし容量が足りなければ次の月から容量が多いコースに変更、といったことが気軽に行えます。

 

しかも契約プランの変更は専用アプリから簡単に行えます。わざわざお店に行ったり電話をかけたりしなくても、スマホのアプリでサッとプラン変更が行えます。

 

他にも専用アプリでは明細の確認や使用した通信量の確認なども行えます。

OCNでんわと050 plusでお得に通話

f:id:kakuyasu_sim:20170130155441j:plain

格安SIMで気になるのが音声通話料ですが、OCN モバイル ONEでは音声通話がお得にできる2つのオプションがあります。

 

OCNでんわで音声通話をお得に

1つが専用アプリ「OCNでんわ」です。通常音声通話をかけると30秒で20円の通話料がかかります。ところがこのOCNでんわを経由して電話をかけると半額の30秒10円で音声通話が出来てしまいます。OCN モバイル ONEに契約している人なら会員登録などすることなくそのまま利用できます。料金も無料です。

 

さらにOCNでんわには「10分間かけ放題」のオプションがあります。これは月額850円で1通話10分までの通話が無制限で無料になるというオプションです。以前は5分間でしたが、10分間に時間が伸びました。

 

よく通話を利用する方でもこのオプションを利用すればかなり通話料を抑えることができます。もし10分間を過ぎても通常の半額で通話できるので安心ですね。

 

IP電話サービス「050plus」

もう1つのオプションは「050 plus」です。050 plusはインターネット回線を利用して通話をする「IP電話」サービスで、「050」から始まる電話番号を1つ持つことができます。

 

本来050 plusは月額324円の基本料金がかかりますが、OCN モバイル ONEのデータ通信専用SIMを契約している方なら半額に、音声通話対応SIMを契約している方ならなんと無料で利用できます。

 

さきほどのOCNでんわは音声通話対応SIM専用でしたがこちらはデータ通信専用SIMでも利用できるようになっています。通話料が3分で8.64円と非常に安く、050番号同士なら完全無料なので、かなりお得になります。

 

ただし、IP電話はインターネット回線を利用した電話で、通常の電話と比べるとあまり通話品質は良くありません。たまに電話するくらいの方ならこれでもいいですが、ある程度電話をする方はやはり音声通話対応SIMの方が良いでしょう。

気を付ける点

料金はやや高め

f:id:kakuyasu_sim:20170205232035j:plain

OCN モバイル ONEの料金はドコモやauといった大手キャリアと比べると安いですが、格安SIMとしてみるとやや高めです。

 

楽天バイルやDMMモバイルといった最近参入した格安SIMは古くからある格安SIMからシェアを奪えるように価格が安くなっています。なのでそれらと比べるとOCN モバイル ONEは高く見えます。

 

もちろんOCN モバイル ONEでも十分安く節約はできますが、もっと安い格安SIMも存在します。

速度はそこまで早くない

f:id:kakuyasu_sim:20170205232044j:plain

OCN モバイル ONEの回線速度はあまり早くありません。これはシェアNo.1ということもあり、利用者が多いことが原因だと思われます。

 

OCNも設備を増強したりと対策を施しているので今後改善する可能性はありますし、全く使い物にならないレベルではありません。ただし、速度を重視する方は注意が必要です。

 

まとめ

今回はOCN モバイル ONEの特徴を紹介してきました。他にはない日単位のプランがあり、音声通話のオプションも充実しており、比較的使いやすい格安SIMではないかと思います。

 

なにより提供しているのが大手のOC

 

Nというのは安心感がありますね。格安SIMの入門としてもおすすめです。

 

ただし、価格や速度に関しては格安SIMの中では特別優れているわけではありません。価格や速度を重視する方は他の格安SIMを検討したほうが良いかもしれません。